前橋工科大学建設工学科梅津研究室 環境ニュース満載 EEL Daily News!!

2004年 3月版 総帥 Dr.UMETSUの大発明大綴  The SPOKON INSTITUTE
(ふぐ日記(終了) 大発明大綴 2003  2004.01  2004.02


2004.03.09(Tu)
準備完了


2004.03.10(Wed)
板が到着。1.5m*1.5m*1.0mのアクリル工作始まる。ものすごく、重い。床のゆがみが箱にもろに、直撃。

これ、2個作るんだなぁ・・・とほほ。
明日の会議は「スーパー大目標考案大会」、んで、うんとううんとだけ言える人の為に、私も考えて見ました。
さぁ!SPOKON発明塾の、壮大な巨大目標の一部を御紹介しましょう。明日は会議に伊香保か。んで、夜も工作。とほほ。
そんつぎゃ入試か・・・・


2004.03.11(Thu)
壮大な会議でした。すんごいねー。様々な企業、様々な職場では、多くの人が中を見て中で認められることが気持ちいい。
合言葉はコッパァかな。すばらしい歴史の持つ巨大団体だしね。真似したくも、なるよなぁ。
私は外に、外に、発信したいと、思っています。
さて、伊香保に久しぶりに行って、やっっぱり予想通りの結果でした。まぁそんなところでしょう。
でも、一つ、新しいプロジェクトができそうなので、まぁ、いいかな。でも1日で勝負。それ以上の時間はありあせん。
んで、センター戻って、2こめ製作。

もはや、居る場所ないよー。とほほ〜。すんげー重い。こんなの、ホントに運べるのかしら?
明日は入試かぁ。んで、夜から山のぼり。雪山登山だって。だいじょぶかね?


2004.03.12(Fri)
ちょいと段取り悪くて、面接が長かった。それにしてもほんのチョイ、声を大きくして、語尾をしっかりまとめるだけで
だいぶ変わるんだがなぁ。はてさて、驚きのメンバーがそろいもそろったものです。
ともかく、今から佐久平へ。工作は盛山と菅原の壮大なコンビが、補強三角板を50枚切りに切りまくり。
帰ったときには、果たして強靭な構造になっているかどうかは不明。
この分だとうまいことすれば、チームSPOKONは4月に全員で神津にいけるかも。どうかな。


2004.03.15(Mon)
アイゼンはいた〜。かっくいー。

んもう!トレッキング、とかいってー!めっちゃくちゃ、本格的な、雪山登山風になっちゃいました。
45度の斜面も登ったし・・・・。でも、たいしたこと無いらしいんだけどね。
さて、島もできました。

とにかく、壮大な工作作業で、センター、足の踏み場もなし。きっては、張り、切っては貼り。押さえては垂らし。
忙しいけど、本日携帯ウチに忘れて、なんかさわやか。
あしたは、買い物。ホームセンターだ。蛍の壮大な最終仕上げ飼育開始。成虫連日40匹。
なんでなのか、突然ドラクエ7を再開。なんでなの??


2004.03.16(Tue)
本日も大工作。ホームセンターでウルトラ買い物。
んで、珍しく、センターに飛び込みのお客様。島も、砂が張られ、完成まじか。



2004.03.17(Wed)
そう、昨日、タイヤがパンクしましてね。タイヤ買いに行きました。「一番タカイのどれですか?」「これです。」
「ほほー。かっこいーですねー。イチバン安いの、下さい。」「これです。」
「やすっぽいねー。でも、9万キロの車だからねー、やっすいので、すまんねー」「いや、かってくれるだけで、ありがたいです。」
んで、
ACファンも手に入ったし、ブロアーも買ったし、さ、穴あけよー、と天上穴あけ始めたのが、夜9時でー、
すんげー音するので、明日に延期。道具が悪いんだよなぁ・・・・あんな、薄い木の板を削るような刃で、やっちゃ、いかんよなぁ。
明日は、ニッツーさんがいらっしゃって、巨大アクリルをどうやって送るかを検討する日なんだけど。くるのかな?ホントニ・・・・
ともかく、工作週間としたので、ほかに用事が無くて、いいや。ほんとは、すんごい事務用事があるんだけどさ。


2004.03.18(Thu)
寒い。冷房で16度。とにかく、細かい作業が多くなって、大変。まだまだ工作は続くんだけど、今日はたまに、明るいうちに
帰ってみるかなぁ。とにかく、穴も開いたし網もかぶせたし落書きもしたし、ファンもハンダつけて防水したし、陸もこさえた。

んでも、まだまだ。ほんとに、まだまだ。
しかし、島への郵送というのは大変。「こゆのは、ふつうー、現場で作るんですよね」っていわれて、
んー、そうだよなぁ・・でもそうすっと、工具全部送ってなおかつ島暮らし2週間とかで・・・・


2004.03.19(Fri)
はー、みずもれ。今回は軽症。んで、窓付け。作業がすんごく細かくて、くたびれました。
3/31から4/3まで、長崎行き突如決定。初日の宿泊は「かぷせるほてる」いーねー。でもそのための
準備が大変。明日はお客さんにヒラメをもってってもらいます。酸素ボンベ初使い。
泡沫浮上分離装置のメンテした。


2004.03.20(Sat)
くもって怪しい雰囲気。東京は雪らしい。
なにやらパンクしそうに忙しくなっていきました。あ、パンクはしたね。陸上養殖と蛍養殖、水環境問題の研究からなんでまた養殖に?
とも思えるのですが、少なくとも「なんたらの調査」ってのよりは、はるかに結果としてどうなるか、に直結しているように思います。
研究をやる上で重要なことは、やってる本人がワクワクして、できることです。全て自分で決めていかなければならないのに
イヤイヤやるようでは、ずえったいに、前には進まないでしょう。
さて、
本日は、マツカワの計測日。イチバンでかいのを取って計測します。さーどうかなー。目標は360gなんだけどー。
200いたのが現在は、180ぐらいかなぁ。
腹に糞たまってパンパンのが数匹。哀れである。

測りましたー。
マツカワ、8月20日導入時には、5cm5gでした。えーと、9,10,---2,3っと、7ヶ月たちましたねー。

しだり(左)が、最初に測ったやつで320gの26cm。んで、「ナニ?小さいぞ」というわけで、
もう一匹はかった、右のがなんと!420gだー。30cm。
やったー!目標の360gをはるかにこえ、次月4月20の450gに追いつく成長ぶりぃー。
すごーい。もう直ぐ、食えるぞー。どんな、味かねー?食ったこと無いからねっ。

でもヒラメの餌だからなぁ。ヒラメと同じ味かねぇ。それよりも、大全滅がコワイ時期となりました。季節の変わり目は危ないんだよね。
ちなみに、 12月20日は180g、1月20日は、220g、2月20日は、300g、でしたのょ。この調子で50kgぐらいにしたいもんですな。

さて工作はピカアイランド内部製作となり、写真とって人様にあんまし、見せられない内容となってまいりました。
なんでかっていうとね、



2004.03.21(Sun)
いやー暖かい。春だ。春になりました。でもセンターは18度冷房。寒い。
日曜は、いいねえ。というわけで、「平家蛍の飼育日記」の始まりです。この日記は「大発明綴り」、
その日記「平家蛍のなんたら」は、spokon.netに掲載されます。
蛍を飼育してみたい人たち、既に何十年も飼育をしていらっしゃる人たち、
そうした方々に向けて(向けてないかも)なにか参考になるような
ぎりぎりの内容で、毎日書いていきま、ま、ませんな、きっと。
     2,3日にいっぺんぐらい書いて行きまます。ご期待ください。

本日はジャンプ水槽のメンテナンス。なんつっても200匹のヒラメが、たったの800Lぐらいの水の中に使っているんだから
もう、めっちゃくちゃに、汚れてねー。循環ポンプのうち、1個を洗いました。んで、その準備はつまり、ずーと前から思いついている
今世紀最大の発明No.456ぐらいか、の装置を設置する準備なんです。でも、他の工作が忙しくで、できん。
あたらすい装置をつける際には、まず最初が思いつきで作って、失敗し、そのあと改良して、んまくいって、
んで、「メンテナンス」で失敗して、そんで、メンテナンス方法を改良して、やっとこ、長期的に動作して、
そんで、長期的に運用していくと、長期的にふんずまる箇所が発見されてー、んで、改良するか、それはそういうもの、とするか、
考えてー、そのころ、「そもそも、こんな装置、私以外の人が使えるかしら?」という思いが湧いて、
そうすると、「商品化」ってところに、やっとたどり着くわけです。

長い話ですね。さて、さて、向かいのパーマやさんが空いているな。髪きりに、行かなきゃ。やっぱり、ひげはそっていかないと
ダメかな。ダメだろうな。くしが、入らないような気がするけどいいのかしら。とかしたこと無いからなぁ・・・・。
明日でもいいかなぁ・・・・

島は4人で行くことに、なりました。私、宮田、恩田さん、さぁ、のこりは1名は、誰になるか。誰にするか。誰がいけるか。そして
誰が働けるか・・・・。希望者は?



2004.03.22(Mon)
みぞれ。でも気象観測にはこんな風にでるんだね。屋上の小屋撤去中止となり明日もだめ。そうなるとジャンプ水槽の大メンテナンスか。
「炭素繊維はあらわねーんだよー」といつも言っている私ですが、さすがに洗って見ました。状況がちょと違いますからね。
イヤー、大変。んで、その効果はさっぱりわからない。pHも8まであげても、一晩で、6.6まで下がるしね。
それでヒラメが死ぬってわけではないのですが、やはり透明で澄んだ状態で飼いたいものです。
「んじゃ、餌やらなきゃ、いいじゃーん」 いやいやお客さん、それが、200匹の腹をすかした魚群を目の前にすると、そうもいかんのですよ。
ほれ、あなたも餌をやりたくなる・・・・・

アラ!養殖なのに、ハラが、真っ白ねー!

ウチの社長なんざー、朝早く来て、私の苦労も知らずに、「いやっほぅー!でかくナレーィ」と超大量に投与しやがって去っていく。
そのあと網で餌かす拾いをさせられたことが、何度もある。あいつが、きたか・・・とほほ・・・てな、もんです。

まぁジャンプは大きな研究開発の可能性を秘めている水槽です。この状態を何とかしていくことによって
海水魚陸上養殖のシステムはより完成度が高くなっていくわけです。・・・・・かなぁ?

10連も、pH6.1となったため、地味にpH上げることにしました。
そして今日から長崎行きの工作開始。

あと、営利団体許可申請とかも、本日申請。毎年申請なんだと。書類で動く、書類でまわす、書類で判断、書類で給料。
内部を伺い上部を伺い昨年同様前例崇拝。すばらすいっ世界ですねー。ここにも地上の楽園がありました。
おお、書類に市長の名前、書いてあるー!市長の名前判明。でも忘れた。だんだん覚えるんだよね。

あー!駐車料金、払わなくていいのー?やったー。でも、この書類、何書いて、あるのか、いまいち、良く、わからないなぁ。
あのねー、前橋市職員はねー、出勤で駐車する際にぃ、駐車料金払ってたの〜。私、ちょろまかそうかと思ったら、全然だめ。
自転車通勤にお替えになった、けなげな方々もたくさんおりました。まぁ良いことでしたね。
市役所はともかく大学の、あーんなに、だだっ広い駐車場あるのに、「みんな同じですカラー」ってわけでー、払わされたんだよー。
小学校の先生様方も払ってたんだなぁ。別にたいした金額じゃないからいいんだけどね。
んで、2年間で廃止だとサ。でも今度はナニが待っているか、想像するとコワイ・・・・。
おおー!「外部職場職員等駐車料担当課長」っていう職があるらしい。その人たちは、クビかな。ま兼務だったろうけどね。



2004.03.23(Tue)
うーん、残念。島行き4名は明田川・菅原・宮田・梅津に決定。
というわけで、とうとう完了。無換水型海水魚陸上養殖システムの最後の最後、泡沫浮上分離水再生システム。
巨大工作設置のため、夜中になってしまいました。

しかしこれで、1日2Lの強烈排水、すなわちそれは、アンモニア50mg/L油脂分含み透視度ゼロで臭いぷんぷんの海水、
「それを、再生し、再び使う、雑巾で絞った水漏れ水もやっぱりまた使う、なんでそんなに、再生しなきゃいけないのよ」装置が、
完成しました。
すごいよー。ってほどでも、ないんだけどね。
タンクにも久しぶりに入ったし。くたびれました。
明日は、お客さんなんだけど・・・・・
接待する場所が、無いよー。
九州のメンテ準備工作も同時に終了。本日は、3つの工作を同時にやりました。

そうそう、本日、オトシンクルス20匹購入。それはね、ドイツイエロータキシードと共遊するんだよー。ドイツィエローは予約だったな。
いつかねー。目標!ドイツイエロータキシード1,000匹。なんか、想像するだけで、ゴージャス・・・



2004.03.24(Wed)
やたぁ〜。窓が付きましたー。とっては、まだだけど。

かぎりなく、手作りって感じ。これ、力がかかるからなぁ・・・・・。半年は、もってほしい。
(あとはどーすんのよ!) (冬になるから、イイノ!) (いいわきゃ、ねーだろ) (んー、半年かけて別のを作るとか・・・・)

さて、そういえば、宣伝のため、載せなければ、なりません。Bio-World CF 水槽。「ばいおわーるどしぃえふすいそう」です。
いま、オトシンクルスが20匹。へろへろ、泳いでいますが、1年後には、ドイツイエロータキシードが数万匹!は無理として、
それなりに、いるはずです。
(直ぐ死ぬかも。国産品は、難しい、おまけに、おそらく、 世話しない。だってヒラメが500匹・・・・)



写真のとおりで、ございます。あ、ちなみに、邪魔している木は、14年目を迎えるドラセナでーす。
いま、花を咲かせるところです。こいつが、花咲かすと、私は病気になるので、ちょっと、やばい。

あんなに、CF入れなくても、いいんだけどね。ちょっと、養生中・・・・・もうすぐ島に行くでしょう。
オトシンは、その昔、稚魚が生まれたので、それがもいっぺんみたい。でもグッピー入ったら、もうだめだな・・・。
熱帯魚は、まあ趣味だからなぁ。

本日より、再生処理水脱色装置の製作開始。
また、ジャンプの二酸化炭素除去及び脱色及びアンモニア除去というよくばり装置の製作開始。
こりゃ、ちょっと、無理が、あるかも。

あー!っと明日は卒業式。結局、髪ぼさぼさ。ひげは、やっぱり、そるかな。
でも出番は、別にないからなぁ。写真取るときぐらいか。
さて、蛍日記でも書くかな。



2004.03.26(Fri)
終わりました。卒業式。ところが、このとき、突然、「ちょろりん」を送ってくださる話が浮上、すばやいことに、本日到着。
ちょろりん300匹の飼育がはじまりました。
さて、ちょろりんとは一体、何なのか、それは、ここでは、残念ながら明らかにすることはできないのです。
うーん。ちょろりんは、ナメクジは、食わんかな。それにしても、小さすぎ。トラフグ2cmを見たとき以来の感動です。
で、、再生処理水脱色装置の製作終了、設置完了。おお!ちゃんと、脱色したみたい。わーい。
久しぶりに一番弟子がきたので、今日はこれまで。


2004.03.27(Sat)
いやー、いい陽気だ。大学にいって、△池の掃除をして見ました。あおみどろ取りですね。
うーん、クレソンも、そろそろわかめちゃんだねぇ・・・しみじみと、アミで、ざーととっては、べろーっとクレソン群に
あおみどろをぶっかけていると、そこに、ばーちゃんと子供ちゃん登場。
「ここで蛍はみれるんですかー」「みれますよー。ここですー」などと世間話を少々。メダカがほしいということで
どうじょうとメダカを2ひきあげました。けちくさいかな?でもコップだったからなぁ。
んで、
その、3つの女の子から、お礼に、パンをもらったので、ひもじい宮田に、あげました。
さー、いよいよ、始まるぞー、とこれから壮大な荷物送りだ。もー宅急便の人、毎日きてるなぁ。すんごいお得意様になりました。
本日は、「ジャンプの二酸化炭素除去及び脱色及びアンモニア除去というよくばり装置」の製作です。これから。


2004.03.28(Sun)
切った!切りました。4ヶ月ぶりに髪を切ってとってもさわやか。髪を切るにあたってひげをそらねばならん、という
面倒くささが大変でした。
「ジャンプの二酸化炭素除去及び脱色及びアンモニア除去というよくばり装置」は、接着に時間がかかり、完成は明日の模様。
ちょろりんは、ホントに小さくて、生きてんだか、しんでんだか。ああ、死ぬと白っぽくなるのか。という具合で、
進展なし。くってんだか食っていないのかも不明。あと2週間ぐらいは、様子見で、そのときまでにどれぐらい生き残るかですな。
脱窒材を送付するに当たってストックがなくなったので、本日新たに20kgの馴養開始。
でもこれって10連タンクの脱窒装置だな。
んで、本日この間の登山の写真がメールで、30MB分届いたので、「よし!作るカー」というわけで、Webバージョンアップ
まぁ、極端にローカルな内容ですね。


2004.03.29(Mon)
「ジャンプの二酸化炭素除去及び脱色及びアンモニア除去というよくばり装置」完成。なんか大事だった。
効くかどうかは不明。
島送り第一便発送。これから続くぞぃ。九州行き便は昨日発送。
毎日宅急便屋さんがいらっしゃる。んで、めでたく、蛍200匹の舞なんぞを御見学いただいたり、しましてね。

さぁ。掃除しなきゃ。工作に工作に工作に明け暮れたこの数週間のため、センターゴミだらけ。
えさ、いつの間にか、すっかり、あと少しになってしまいました。100kg買ってー、あと30kgぐらいなんでー、
うちの魚群は、全体で70kgぐらい重くなったはず。

ちょろりんは、だめだな。どうも、死に出している。やはり、考えが甘かったか・・・・。
ちょろりん水槽をこさえるとなると、また工作になってしまうので、ちょっと躊躇しますね。

そういえば、予約したドイツイエローは一体、いつ手に入るのでしょうか?音沙汰無しです。電話番号いい間違えたかな?
さー、掃除して、文章書きだー。
明日は泊まりか。とほほ。



2004.03.30(Tue)
10連タンク、ジャンプのpH調節。
「ジャンプの二酸化炭素除去及び脱色及びアンモニア除去というよくばり装置」脱色はたいしたこと無い。
まあ結局のところ、「対費用効果」につきる話ですね。
でっかい容器を用いて、高価な機材を投入し、手間隙をがんがんかければ、そりゃ、なんだってできる。
場所も物も労働力も全て金に換算できるので、「金換算」という重み付けによって評価関数を設定すれば、
一つのスカラー量で、判断できてしまいます。実に簡単な話です。
そして、そんなことが解かっていても、
そう簡単に実行できないところが、現実ですねぇ。
さぁて、「海水魚陸上巨大養殖壮大計画書」を書くかなぁ・・・・


2004.03.31(Wed)
ふー、いい湯だった。んでレストランでビールください。「発泡酒が4月4日まで100円です。」
ほー、そうか・・・・「んじゃ、それ。あと豚キムチと枝豆ね」というわけで、長崎に来ましたー。
あ、電話だー。サウナを抜け出し、焼肉くいに、いくのー。うしし、
仕事してんの?
すんごい、したよー。


おっと、時間だ。
次は4月版となりまする。2004年度、平成16年度のスタートです。
時間があれば、長崎から(oo.tsu)