グッピー魚群水槽、前橋工科大学に現る!(08.08.22)


「ぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ〜!!!こ、っこっ、コーーしぃーーんー」

はぃ。更新しました。UPしました。再び、再びEEL、ニュースが始まりますょ。
ご期待下さい。こんどこそ、また連日連夜あなたを魅了する・・・・

「ウソ」



さて。1年ぶりの最初のニュースは、びっくり仰天。

前橋工科大学という群馬にある、ちょっとローカルな、でも前橋市立なので、
公立というわけで、最大の特徴は学費がとっても安い、がウリウリの、
この少子化の時代に学科が3つも増えた、
それはそれは、新品の体育館も講義棟に管理棟も作ったけど
実験棟の計画は闇の中にあるらしぃ、
その
前橋工科大学の新品管理棟1号館の1階玄関口のろびぃ、にぃ!

「あいかわらず、まえふりが、長いねぇ。」

とうとう、グッピーのための巨大水槽が、置かれましたぁ〜。

「ぉー・・・。すごいですね〜。で?どんなの?」

こんなの〜

「ほ〜ぅ。どうやら横幅180cmのアクリル水槽のようですな。ふーむ。なにやら小さな魚群がちょこっと見えるね。」

まだ、スカスカですが、
念願の、”みーんなに見てもらえるドイツイエロータキシードグッピー魚群水槽目標3万匹”
が、設置されたのです。めでたし、めでたし。

「3万匹?そんなに入れるの?グッピーを。」

いえいえ。現在の投与数は、約5,000匹。全て生後2ヶ月以内の若魚群です。
新しい水槽に、成魚のでっかいのを入れると、万が一、死んだ場合、大変。

「なんで?」

いろんな人が、
あ、しんでる、あ死骸だ、ぉぃ、取らなくていいの?取れよ。可哀想。しんでら〜・・・

私を責める、かも。

「ふーん。ま、そうだろうなぁ。ほんじゃ、軽く、説明して下さい。」

へぃ。

コレを読んで下さい。水槽付近に置いてある説明文をhtmlにして見ました。

そんなわけで、
群馬においでの際には、
是非、前橋へ。

前橋に、おいでの際には、
是非、前橋工科大学へ。

前橋工科大学へおいでの際には、
是非、1号館1階の水槽へ。

ちなみにココ、休日は開いてません。
鍵ががっちりかかって、誰も入れません。私も入れません。



おっと、時間だ。今日はコレまで。


「ォィまて!」

え?

「おまぃ、今まで、何してたんだっ。1年以上も期間が開いたぞ。
だいたい、ホタルはどうした、早くウレ。
ヒラメはいるのか?トラフグは、オコゼは?
アレはコレはソレは・・・」

ぁ。ぃや〜・・・いろいろ、あってね。いろいろね。
ホタルは元気に繁殖中。もう直ぐ売れます。
でも直ぐに売り切れるので御注意下さいね。
海水魚も健在そのうちニュースに。


株式会社環境技術研究所
前橋工科大学梅津研究室
Editor (oo)Tsuyoshi UMETSU Ph.D.
Associate Professor 
Maebashi IInstitute of Technoloy