イエロータキシード三世誕生(2004.07.28)



「なんで、3世ってわかるの?」

あ、いゃちょっと、隔離して飼って見たんですよ。

しかも、なんと気分的に「血の濃さ」を考えて、

1世オスと、2世メスで、交尾させてみました。

2世メス20匹と、選ばれし1世オス一匹。(いい身分だねェ)

メスは生後1ヶ月の「こりゃ絶対まだできん」という大きさから飼育。

オスは、最も口の黄色く体色の白いものにしてみました。

メス成長し、ハラもでっぷり出たところで、本日、稚魚を発見。3世です。F2っていうの?
エフってなに?まいいや・・・。

まんべんなく交尾していただいたところで、隔離飼育終了。

DTY水槽に戻しました。さぁさぁ!これからが本番だ。

脱色も脱窒もつけたし。ポトスもあるし、ウィローモスもそれなり藻場だ。、

水換え無しで、ドコまでいけるか。現在、硝酸塩35mg/Lぐらいです。

目標1,000は達成できるか?

(硝酸か?いえいえグッピー数です。)

11匹いた、1世メスは、残り2匹だけとなりました。
1世オスは、8匹ぐらいはいるようだ・・・・。

雑種グッピーメスなんて、一生死なんぞ!というぐらい長生きする気がするのに。
DTYの特徴でしょうか?それとも単に、水が悪いだけなんでしょうか。
オスのほうが死にやすい気がしていたのですが、まぁ子孫が残ったということで。



そこで一言
島にいけるかどうかは台風次第
いったら入れるぞ人工漁礁



本邦初公開!DTY水槽全景です。
まだまだ、さびしい感じです。
Editor (oo)Tsuyoshi UMETSU Ph.D.
Associate Professor 
Maebashi Institute of Technology