拙者、接写しまするっ(2004.05.13)

オヤジギャグどころではない。

数年前、売り込みに来た「もの」を見て、
「おお!これ、買いますぅ!」と、
まるで英会話テープの販売に引っかかった若者のようなスピードで、
購入し、その後3年にわたりローンを支払い続けた、実態顕微鏡
実態は、それほど使用したわけではないので、これはイカン。

そうだ!とろう!というわけで、始まりです。

平家蛍の卵が孵化するまでシリーズ!
<0日目>

間違いなく、5/13に、生まれた卵です。(100倍拡大風)
実態顕微鏡で撮りました。

こんな感じで、産みました。
この写真は、最新式デジカメのT1で取りました。1cm拙者、あ、
いや接写出来るんです。デジカメの進歩はすごいですね。

孵化まで撮り続けられたら御喝采。
あれ?孵化まで14日から20日。予定日は、6/1頃。
だけど、19から沖縄なので、途中は抜けます。



そこで一言
問題は、同じ卵を探せるか?
そりゃ、むりだろうなぁ

Editor (oo)Tsuyoshi UMETSU P.hD.
Associate Professor 
Maebashi Institute of Technology