〜陸上養殖 Webからの知識の吸収〜
 

海面生簀養殖や、沿岸域でのかけ流し養殖では、

陸上養殖にある水質維持は必要ではありません。
 

大規模に行って成功している陸上養殖場のWebサイトでは

根本的に「どんな理由で水が汚れ、どのようにして水は再生するのか」は

そんなに詳しくは説明されないと思われます。
 

実際には「やって体験してみないとわからない」ことばかり なのですが、

それでも、ちょと調べてみよう・・知ってみよう・・・という方は・・・
 

@金魚、熱帯魚の観賞魚の飼育方法(淡水)

A海水観賞魚の飼育方法(つまり海水) 

B下水処理の仕組み

C 硝化

D 泡沫浮上分離

E 海水魚と淡水魚の違い

F pHと硝化

G 脱窒

H 紫外線殺菌

I 生物化学ろ過 と 物理ろ過

などを キーワードとして、ネット検索をして読んで見ると良いでしょう。
 
 

読んで覚える必要はまったくありません。
 

ただ・・だら〜っと たくさん てきとーに読むと良いと思います。
 

理解しようと思わずに

へ〜 そうなんだ〜 とか

さっぱり、わかりましぇん〜 とか

なんで?どうしてどうして なんで? などと、思うだけでかまいません。
 

いつしか・・・たくさんのサイトを巡っていると・・・

水処理に関する語句や、魚を飼育する技術の基本が

覚えるのではなく自然に頭に入る・・・

様になるかもしれません。
 

内陸での養殖に御興味がある方へは

そんなネットサーフィンを趣味でやられることが

現実的な実施計画の第一歩となる気が致します。
 

例えば、温度管理。

前橋の真夏の最高気温は38℃を越えることがあります。

北海道であっても

たまに、それに近い高温に見舞われることが、ごくたまにあるようです。

そんなとき、室内は・・・40℃を軽く越す温度となるでしょう。
 
 

「そっかー冷やさなきゃだめカー」と思われましたら

水温冷却装置 (または チラー ) を 検索してみましょう。

そのお値段をみると・・・・
 

「ぁ。 陸上養殖ね・・・なろほど ね。(やめます)」

と思われるかもしれません。
 

いまは、インターネットで実にさまざまな知識が知りたいことが

すぐに調べられます。
 

ぜひ、ネット検索を御活用ください。